会社で使うサーバーは安全性が求められています。
なぜなら業務システムや受注システムは、サーバーにインストールされているからです。
個人のマシンにインストールして業務システムを使っても、自身のマシンからしか見えません。
予定表に行動を書き込んでも他人から見えなければ不便です。
だからサーバーのように共有を前提にしたコンピュータが大切な存在になります。
サーバーは便利ですが危険性を孕んでいます。
複数の人間で管理できる事は便利ですが、多くのソフトを集中させると壊れた場合の問題が大きくなる点です。
例えば顧客向けのシステムと社内向けのシステムが、同時に使えなくなる事もあり得ます。
リスク分散には複数のサーバーを使う事も必要です。

社内でサーバーを管理する事には限界があります。
サーバーはアクセス数や搭載されるシステムによって、柔軟に対応する必要があるからです。
例えば商品の売れ行きが良くなる事は企業にとって歓迎すべき事態ですが、最も影響を受けやすいのはサーバーになります。
プロバイダの帯域保証を越える事態になると、利用者の使っているパソコンの画面は遅くなります。
それが顧客離れを招く事があり得るのです。
そうならないためにも重要なサーバーは、データセンターに預ける事が確実です。
データセンターは状況に応じて対処する柔軟性があります。
インターネット回線の接続構成も、冗長化されている事が当然です。
充実したコロケーションは物理的ショックから守ってくれます。

データセンターにサーバーを預けると、自社で管理するよりも安心できます。
しかし預けるためのサービス料金は流出する一方です。
リスクマネジメントのために扱うサーバーを増やして、全てをデータセンターに預ける事には無理があります。
大企業であれば大きな額ではありませんが、中小企業にとってはその限りではありません。
だからデータセンターに預けるサーバーを、極力限定しようという動きが企業にあります。
それはいわゆる経費削減と同義です。
そのために技術者と経営者が話し合いを重ねるようになりました。
つまり経営者も専門的な知識を持つようになったという事です。
それによって経営者も鋭い視点を持つようになり、データセンター側もサービスを充実させる必要性に迫られています。

オススメリンク

運用方法

サーバーに納められたデータは軽視できるものではありません。
プライベートで利用する事が少ないサーバーですが、ほとんどの企業で使われるようになりました。
主に業務システムの運用では…Read more

データセンターの能力

サーバーの管理がデリケートである事は前述した通りです。
しかし全ての問題点を解消するには、多額の費用が必要になります。
本来備わっていない機能を増設しようとすれば当然です。Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031